ついうっかり、でも大丈夫|お得な車検見積もりを出してもらうためにやるべきこと

お得な車検見積もりを出してもらうためにやるべきこと

ついうっかり、でも大丈夫

車と作業員

早めに受けておこう

車検は新車の場合には3年目、それ以降は2年ごとに行われるもので販売店などから「車検が間近です」という葉書などが送られてくるケースが多いのですが、長期の入院やついうっかりと車検の日を忘れてしまい車検切れになった場合にはそのまま公道を運転することは出来ません。車検切れで運転していたことがわかると違反点数12点、免許停止90日、6か月以下の懲役または80万円以下の罰金の支払いを行わなければいけません。また、車検切れになっている場合には自賠責保険も切れてしまっていることがあるため、自賠責保険の期間が切れていればさらに罰則は厳しくなってしまいます。車検は満了日の1か月前から受けることができますので、なるべく早めに受けておくようにしましょう。

もう一度公道を走るには

車検切れになってしまった場合でも、きちんと車検を受ければ再び公道を走ることができるようになります。そのままでは公道を走れないので車検を行ってくれる業者に車を専用の運搬車で運んでもらうか、自分で仮ナンバーを取得して乗って行かなければいけません。業者の運搬車を利用する場合、きちんと車検を受けていれば不要な費用が掛かってしまうため、別途運搬車の料金を請求される可能性があります。また、仮ナンバーも居住している市区町村の役所で発行してもらわなければならず、市区町村によって違いますが750円程度かかってしまいますし、発行するための手間がかかってしまいます。多少の手間とお金はかかってしまいますが、きちんと車検を受けることができますので安心してください。